TOP > 五十肩 > 石灰化

石灰化について



五十肩の厄介なところは、症状が似ている他の肩疾患と間違えやすいことです。肩の痛みを発症したと思って、病院で診察を受ける人の多くが、実は、他の肩疾患だったということはよくあります。

ですので、不自然な肩の痛みを感じたときは、自分の患っている疾患の正体を病院ではっきりさせることが大切です。五十肩に症状がよく似ている肩疾患のなかに、「石灰化腱炎」というものがあります。

これは、腱板に沈着したリン酸カルシウム結晶が固まり、それが原因で炎症が起こる疾患です。腱板、リン酸カルシウムの沈着のほかに、腱板の壊死やカルシウムイオンの透過性の増加が原因で起こることがあります。

五十肩の治療中のように、肩を動かさない時間が増えることで発症しやすくなると言われており、五十肩と併発してしまう可能性もある厄介な疾患です。

症状としては、五十肩と酷似しており、40~50歳の人に発症しやすく、発症すると肩に激痛が走り、夜も眠れなくなる「夜中痛」が起こります。

ですので、一般人がこの二つの病状を見分けることはまず難しいと言えます。病院でもこの二つの症状を見分けるためにレントゲン検査を実施します。

レントゲン写真などで確認すると違いは一目瞭然で、骨しか写らないレントゲン写真では異常は見られませんが、固まったリン酸カルシウムの結晶がはっきりと写真に写し出されます。

主な治療法は、消炎鎮痛薬や局所麻酔薬を注射していきます。痛みがひいたら温熱療法や運動療法で治していきます。痛みがおさまらない場合は注射をしたり、やむを得ない場合には手術によって取り除いたりすることもあります。

ですが、基本的には自分の努力次第で自然回復出来る症状です。痛みがあるときは肩を動かさず安静にしていることが求めれますが、痛みが引いたら、肩をストレッチや体操などをして、どんどん動かすようにしてください。

血流を良くすることにより、肩周りの拘縮も防げますし、痛みやしびれの早期改善に繋がっていきます。どちらの症状も激しい痛みを伴う疾患なので、発症したらすぐに病院で治療するようにして、専門医の指導を受けてください。