TOP > 五十肩 > 回復期

回復期について



五十肩の回復期では、肩関節のこわばり、癒着などが改善され、痛みも大分減り、日常生活で起こった不快な感覚もかなり改善してきます。

しかし、腕が動かしやすいかと言えば、そんなことはなく、イライラも徐々に解消されているとはいえ、やはりあと一歩治癒に近づきたい、と考えるのが常です。

また、五十肩の回復期の目安は3ヶ月程度と言われていますが、決して短いとは言えません。やはりもう少しの辛抱だと思って、かかるような気持ちが大切です。

また、もっとも重要なチェックポイントが可動域の解消具合です。筋肉や腱に癒着が進行する慢性期で、どれくらいリハビリを積極的に行ったかによって、この時期の可動域の状態が変わってきます。

全く動かさないで痛みを我慢していただけ、という方にとっては、もっとも辛い時期かもしれません。何故なら、出来るだけ早く病院で検査を受けて、リハビリを開始しなければならず、かなり多用なリハビリが必要になってきます。

また場合によっては、外科処置をする必要も出てきます。後遺症として広い範囲に癒着が残ってしまうと、一生肩が動かなくなる恐れもあります。

慢性期、あるいは急性期の段階からリハビリをしっかり行ってきた場合でも、もちろんリハビリは継続しなければなりません。軽めのスポーツなどもできるようになりますので、どのようなメニューがいいかを考えると楽しく治療ができる時期でもあります。

また、それまでに蓄積したストレスを軽減させるためにもよい方法です。また、慢性期と同じように温熱治療を継続させることも大切です。冬場はとくに、とは言わず、夏でもクーラーの当たり過ぎには要注意です。

この時期には薬物治療はほとんど必要ありません。つまり痛みがぶり返すような段階ではありませんので、間違えて飲み続けて胃を痛めないように注意することも大切です。

五十肩の痛みもなく、また日常生活にも何も肩の影響がなくなる、快適な日常生活までにあと一歩の段階です。ここまできたら、再発の予防も意識しながら、継続して治療を頑張るのみです。