TOP > 五十肩 > 五十肩の治し方

五十肩の治し方


五十肩の原因、これは老化現象です。腕のつけ根の摩擦や腱のすり減りによる薄化、部分的な軽度の断裂や石灰沈着、姿勢の変化によって骨にかかるストレスなどが、痛みとなって現れるのです。

簡単な五十肩の見分け方

①後ろ髪がとけない(後頭部に手が届かない)
②後ろ帯が結べない(腰辺に手を廻せない)

五十肩の多くはある日突然、肩関節に激しい痛みやしびれが現れることによって始まります。なかには、朝、目が覚めたら肩関節が痛くなっていたという方もいます。

痛みはかなり強く、腕を動かしたときはもちろんのこと、安静にしていても激しい痛みがあります。ひどい場合は、痛みで眠れなかったり、あるいは、痛みのために目を覚ますこともあるほどです。

五十肩を改善するために普通なら3ヶ月ぐらい、長い人では1年かかる人もいますが、肩の動きを少しずつ元へ戻すように、肩の関節を動かすことが必要です。痛いからといって、じっと動かさずにいたのでは、五十肩は改善しないことを知ってください。

しかし、この五十肩は根気よく続ければ必ず改善します。痛みは、軽ければ1か月、重い場合は3~6か月ほどかけて軽減していきますが、その一方で、今度は、肩関節の動きが悪くなってきます。

そのため、「肩や腕を上げる、回す」といった動作ができなくなってきます。このような状態を「拘縮」(こうしゅく)といいますが、拘縮が起こってくると、日常生活にも支障が及ぶようになります。

五十肩は、一度起こったら同じ側の肩には再発しないものですが、もう一方の肩関節に、新たに発症することはあります。左右同時に発症することはほとんどなく、一方が良くなってから、もう一方に起こってくることがほとんどです。

五十肩は言葉の通り、50歳代の人に多い病気で、体をあまり動かさない人に起こりやすいのが特徴です。また、女性に多いといわれますが、実際には、やや女性に多い程度で、男女差はほとんどありません。

ひどい五十肩に悩む書道家の井戸さんのケース

和服をきちんと着こなし、立ち振る舞いも上品な中年婦人、井戸和子さん(50歳)が私を訪ねてきました。彼女は書道家としてもかなり有名な人ですが、ここ数カ月というもの肩こりがひどく、近所の病院に通院し、痛み止めの注射や薬などで誤魔化していたそうです。

しかし少しも良くならず、最近では腕が上がらずに髪をとかしたり、帯を締めることもできないほどの痛みがあり、頭痛はするし、目もかすんでくるし、思うように仕事も出来ませんと困り果てた様子です。

そこで彼女には、石灰沈着による痛みは動かし方によって良くなるので、安心して私のアドバイスに従って欲しいと伝えました。

私は、五十肩にとても有効な治療法を伝え、1日15分、30日間続けて下さいとアドバイスしました。彼女は1日15分の治療を続けたことで、30日後にはすっかり良くなり、目まで良く見えるようになったと、本当に嬉しそうにお礼を言うのです。

彼女の目がよく見えるようになったのは、後頭部のストレッチによって、視神経の動きが良くなったためです。彼女は肩から腕にかけて痛みもないし、目は良く見えるし、これで大作に取り組めますと、大いに感謝されました。

肩が上がらなくなったゴルフ好きの磯谷さんの場合

私がプロゴルファーの治療をたくさんしたり、コンディショニングをしたりしているためでしょうか、私のところにはゴルフ好きの方が良く来られます。9月中旬に来た磯谷和夫さん(57歳)もその一人です。

よほどゴルフ好きと見え、真っ黒に日焼けをして、一見とても元気そうに見えました。しかし、彼の話を聞くと、「3週間前から肩こりを感じるようになり、とても痛くて、大好きなゴルフクラブも振れなくなってしまった。」ということでした。

整形外科へ2回ほど行ったら、五十肩だから、安静にするようにと言われ、痛み止めの注射をしてもらったが思わしくない。そんなとき友人がカイロプラクティックが良いというので、そこへ行ってみたが、まるで効果がない。

ほとほと困っているときに、スポーツ新聞や雑誌で私がマスターズゴルフで2位のトム・カイトやハワイのデビット石井、オーストラリアのグラハムマーシュをはじめ、日本のプロゴルファーから台湾の選手まで有名選手をたくさん診ていることを知って、もう先生にお願いするしかないと思い、やってきたというのです。

磯谷さんは私にこのように言いました。

「所属しているクラブでチャンピオンを決める選手権が10月から数週間続きます。ぜひ出場したいと思うのですが、今の状態ではとても、とても・・・・。先生、なんとかしていただけないでしょうか?」

彼の訴えを聞き、体を診てみると、確かに五十肩であることが分かりました。

そこで私は、安静を続け、腕を動かさないでいたりすれば、痛みもとれず、ますます腕は上がらなくなってしましますよと伝えました。

「私の治療法は、ただ痛みを注射や薬で抑えるというのではなく、合理的な方法で関節の凝りをほぐし、より強い筋肉が自然と作り上げられるのです」と説明した後、五十肩にとても有効な治療法を教えていきました。

こうして、ひと通り治療が終わったあと、腕を上げてみてくれと伝えました。磯谷さんは激痛の恐怖から、最初は腕を上げることを躊躇していましたが、「大丈夫だから上げてごらん」と再度伝え、恐る恐る腕を上げていきました。

そうしたら、今まで何をしてもちっとも好転しなかったのに、たった15分の治療で何の痛みもなく腕が上がるようになったと、涙を浮かべ喜ばれました。

そこで私は、「まだ油断しないで下さい。これで治ったわけではないですよ。今日教えた治療法を1日15分すること。また、継続をしなくては本当に改善することは出来ませんから、忘れずに頑張って下さい。」と指示しました。

その後、彼は自宅で毎日15分、私が教えた治療法を実践されました。その結果、10月からのクラブ選手権にはベスト4まで進み、36ホールまで闘い抜くことが出来たのです。

中川式の五十肩の治療方法

私は良くいいますが、「引いても駄目なら押してみな」という歌がありますが、上がらないという人には一生懸命に腕を下ろしてもらいます。そうすると、どんどん上がってくるんですね。

このことはDVDの中で詳しく説明致しますが、医者の言うとおりにじっとしていたら回復を遅らせてしまうということを知って頂きたいのです。あなたのその辛い「五十肩」の痛みを改善することは難しいものではありません。

今回ご紹介する中川式治療法は、誰でも簡単に出来る内容になっております。DVDを見ながら、ご自宅で1日15分、30日間続けて頂くだけで、あなたを悩ませている「五十肩」が解消されていきます。

そして今回、中川卓爾の電話相談、メール相談も付けております。これであなたは一人ではありません。ですから、私を信じて治療に専念してみて下さい。私、中川卓爾はあなたの痛みが改善するまで、全力でサポート致します。