TOP > 五十肩 > 急性期

急性期について



この病気には発症してから完治するまでの間に3つの病期があります。各病期によって治療に用いる方法が違ってきます。それぞれの病気にあった治療法を用いて、早期回復を目指しましょう。

3つの病期のうち、一番最初に訪れるのが「急性期」です。この期間は、痛み始めてから1、2ヶ月ほど続きます。この病期は、関節の炎症がひどく、もっとも痛みが強い時期です。

この時期は、とにかく「安静第一」です。この時期に無理に体を動かそうとすると、炎症の長期化や肩・腕の痛みの増幅など、悪い結果しか生み出しません。

運動はもちろんのことですが、不用意に腕を高く上げたり、重いものを持ったりすることも、症状の悪化を招いてしまうので、注意しましょう。

この時期には、病院で鎮痛剤を打ってもらったり湿布などの外用薬によって「痛みを和らげる」治療を行います。激しい痛みが治まらないことには、次の「慢性期」に移行することができません。

また、炎症を抑えるために、患部を冷やすことが大切です。氷や濡れタオルなどを用います。ここで注意が必要なのは、刺すような強い痛みの場合は十分冷やすことが大切ですが、弱い痛みが徐々にくるようになったら、温めることが大切であることです。

五十肩は病期によって温めるのか、冷やすのかが違ってくるので、常に適切な温度を知ることが重要です。しかし、全く動かさないことは筋力の低下や癒着などで回復の遅延や再発を招いてしまうので、適切なストレッチを行う必要があります。

ストレッチとしてもっとも効果的なのが、「アイロン体操」です。前かがみになって、重りを持った痛む方の手を振りこのように前後や左右に動かす運動です。

詳しい方法は病院で教えてくれたり、ネットで調べることもできるので、アイロン体操やストレッチ体操を積極的に行うようにしましょう。