TOP > 五十肩 > 痛み

痛みについて



五十肩の痛さは非常に強く、多くの人が悩まされるものです。特に肩こりの酷いものだと勘違いしている人が多いようです。ですが、症状に気が付くのが遅れると、後になってから大変後悔することになります。

五十肩は、肩こりなどの症状とは比べものにならないほど激痛です。いくら言葉を重ねたところで、経験者にしか分からず、伝えることはなかなか大変難しいものです。また、酷い方になると夜も眠れないほどの激痛に襲われます。

発症直後は大した症状はなく、ちょっと肩が上がらなくなったり、肩が軽く疼いたりするようちょっとした違和感程度のものです。

この時点ではほとんどの人が発症したことに気付かず、放置してしまう場合が多いようです。しかし、悪夢はこのあとから始まります。発症直後は小さかった肩の炎症は時間とともに肥大化し、大きくなった炎症は非常に激しいものとなります。

違和感程度だった症状は、はっきりと感じられるようになり、肩や腕を動かそうとすると、ズキッというしびれにも似た激痛が走ります。

ここから更に炎症が大きくなると、何もしていなくても刺すような痛さを感じるようになり、腕を動かすことが大変困難になり、髪を洗ったり背中に手を回したりすることができなくなるなど、普通の日常生活を送ることすらままならなくなります。

また、夜眠っているときにも症状を感じるようになり、寝返りを打つたびに目が覚めてしまうほどになります。ここまでくると生きている心地すらしなくなってくるので、症状が悪化する前に病院で治療することが大切です。

病院では鎮痛薬や局所麻酔薬によって対処してくれます。これがあるとないとでは患者の苦痛はまさに天と地の差となります。五十肩を甘く見ていると、必ず後悔することになるので、気をつけてください。