TOP > 五十肩 > 治療方法

治療について



症状などによって若干違いますが、基本的には「急性期の安静」と「慢性期・回復期の運動」によって改善させることができます。

急性期は炎症を抑えるために肩を冷やして運動は少しだけ行い、原則は安静です。ここで無理な運動などを行うことにより、炎症の悪化を招いてしまってさらに苦しむことになります。

運動をより積極的に行わなければならないのが慢性期と回復期です。これらの時期になると痛みはほとんどなくなるので、あとは完全治癒まで癒着や筋力の低下を抑えるために運動をし続けるだけです。

上記の方法でほとんどの場合は完全治癒まで導くことができます。病院に通って治す場合には、鎮痛剤や筋弛緩薬などの薬物療法をとることができるので、自分の力だけで治そうとするよりも効率的に改善が行えます。

特に、急性期に感じる肩や腕の痛みは、大変辛いものなので、鎮痛剤があるとないでは大きく違います。もっとも、鎮痛剤は強い痛みを和らげるというだけなので、薬を用いることは直接的に改善することにはならないという点に注意してください。

医師の判断により、湿布や坐薬といったタイプの鎮痛剤を使用する場合もあります。痛みを急速に和らげたいのであれば、局地麻酔として神経ブロック注射を行う場合もあります。

あまりにも症状が酷い場合には、外科的手術を行うこともありますが、手術の必要があることはほとんどありません。薬物療法のほかにも、効果的なものは存在します。例えば、温泉です。慢性期や回復期は肩を保温することが大切です。

そこで、温泉に入浴することによって身体全体を温め、心もリラックスすることができるので、近年話題になっている方法の一つです。

このように、多くの改善方法がありますので、正しい知識を持っていれば、肩の悩みを解消することは出来ます。