TOP > 四十肩 > 五十肩との違い

五十肩との違いについて



四十肩や五十肩は日常でもよく耳にする疾患です。その特徴は、40歳~60歳という狭い年齢層で発症し、急に腕が上がらなくなったり、肩や腕に強い痛みを感じたりする症状を指します。

ところで、四十肩と五十肩の違いを考えたことはありますでしょうか。恐らくほとんど、その症状の違いを説明できる人はいないのではないでしょうか。

それは何故かと言うと、四十肩と五十肩は全く同じ病気のことを表す言葉だからです。同じ病気ですので、違いを説明できなくて当然かと思います。

では何故、同じ病気に二つの呼び方が存在するのでしょうか。それは、この疾患が発症する年齢と関係があります。正式名称は「肩関節周囲炎」と言います。

この疾患は40~60歳の範囲で発症すると言われていますが、昔は50~60歳で発症すると言われていました。この特徴から、五十肩という言葉が生まれたのです。

つまり、四十肩は五十肩の後に生まれた言葉なのです。五十肩のもっと前の時代には、六十肩という呼び方もあったようです。

結論として、身体的変化が確認されない状態で、腕の可動域が縮小し、肩や腕に痛みを感じる疾患は、発症した年齢に関わらず、肩関節周囲炎であるということです。

同じ病気ですので治す方法も同じですが、若い年齢で患った方が当然治癒能力は上がるので、現代人の解釈で言えば40代と年齢の若い方が治りやすいと言えます。

具体的な治し方としては、急性期で痛みが強い場合は出来るだけ安静にしていることが大事です。急性期を過ぎて痛みが抑まってきたら、今度は出来るだけ腕、肩周りを動かすようにします。

これは、拘縮という状態を避けるためです。拘縮とは腕や肩周りのある部分が石灰沈着してしまう状態を言います。石灰沈着をしてしまいますと、治りが遅くなるだけでなく痛みなどが再発してしまう恐れも出てきます。

この拘縮を避けるためには、ストレッチなどをしてどんどん腕周りなどを動かすようにして、血流を良くする必要があります。

また、最近では、20代や30代の人でも肩関節周囲炎になることが多くなってきているようです。もしかしたら、近い将来、二十肩や三十肩という言葉が出てくることは可能性も否定はで出来ないのかも知れません。