TOP > 四十肩 > 四十肩

四十肩について



年をとってくると不安になるのが四十肩・五十肩です。この病気は40~60歳にかけて起こりやすい病気で、主な原因は分かっていませんが、年をとってからの無理な腕の運動を行うことで発症しやすくなると言われています。

一般的に、身体的変化が認められないにも関わらず、肩や腕に強い痛みがあり、腕を動かすことが困難になる病気のことを指して、「四十肩」あるいは「五十肩」と言います。

この2つの病気は名前こそ違いますが、実はまったく同じ病気です。医学用語では本来、「肩関節周囲炎」と呼びます。

これらの呼び名は、発症する年齢から付けられた俗語のようなものです。今ではこちらの呼び方の方が民間に定着しているので、ほとんど本来の名前と言っても過言ではなくなって来てはいます。

では、なぜ同じ疾患なのに四十肩・五十肩と二つの呼び方があるのでしょうか。その答えは、この疾患の発症する年齢の移り変わりにあります。

昔は、今よりもこの疾患の発症しやすい年齢が50~60歳と狭かったので、五十肩という呼ばれ方が広まりました。もっと前には、六十肩という呼び方もあったようです。

それが時代を経て、40歳でも発症するようになったので、四十から取った新しい名前が生まれました。つまり、この名称は五十肩の後に呼ばれ始めた名前なのです。ただ単に、発症する年齢から分かりやすくとったものであるというだけのことです。

もっとも、同じ症状とはいえ、当然若い方の方が治りは早くなるということに間違いはないようです。どちらにせよ、強い痛みを伴うので、発症したら病院で診てもらうことが大切です。

この病気の主な治療法は急性期の場合、安静にすることが大事とされています。しかし、いつまでも安静にしていると拘縮といって、肩関節周辺が固まってしまい、更なる症状の悪化に繋がってしまうこともあります。

ですので、ある程度、痛みが引いているのであれば、少しずつ肩を動かすような運動などをして、拘縮を防ぎ、改善させていくことが大事になってきます。